リ・ブランディング ジャパン株式会社

観光地マーケティング・プログラム: 観光地マーケティングに特化したブランド構築支援

ourservice

観光地マーケティング

サービスメニュー

消費財の世界で培われてきた世界水準のブランドマーケティング手法を活用し,
観光地マーケティングの効果・効率性を高める戦略の策定とその実践を支援します。


弊社コンサルティング・プログラムの特徴


[WHO:誰に]

  • 欧米の観光地マーケティングで活用されている「ニーズとウォンツ別の旅行者セグメンテーション」(グループ分け)を日本流にアレンジした独自のセグメンテーションモデルにもとづき,各観光地にとって,最も勝算の高いターゲット旅行者を選定します。
  • 設定したターゲット層を深く理解することで観光地と旅行者をつなぐ切り口(旅行者インサイト)を発掘し,ターゲット層の心の琴線に触れる観光商品とメッセージを開発します。

オーストラリアで採用されている旅行者セグメンテーションを日本の旅行者にあわせてアレンジし 「NeedsとWants」に基づく5つのセグメンテーションモデルに分類

日本版・旅行者セグメンテーションを詳しく知りたい方は, こちらまで)






[WHAT:何を]

  • 観光地が中長期にわたって構築すべき「ブランド・エクイティ」(ブランドイメージ)を設定し,媒体別・プロモーション別でぶれがちな観光地発信のメッセージの一貫性を高めます。
  • 設定すべき「ブランド・エクイティ」に基づいてブランドコンセプト(メッセージ案)を開発し,その効果性を量的調査で検証することで,成功確率を高めます。






[HOW:どうやって]

  • 設定した旅行者セグメントに対して最も効率的、効果的に情報を発信するための媒体戦略を,量的調査に基づいて選定します。
  • 観光地ブランドを象徴し,かつ,様々な媒体を閲覧するターゲット旅行者の目をとめ,興味関心を引くブランドキービジュアルの開発を支援します。
  • 媒体毎に,担当者ごとに異なりがちなビジュアルの世界観を統一し,一貫したブランドの世界観を構築するためのブランドイメージ管理ツールを作成し,その運用を支援します。




事例紹介

2011年度 鳥羽商工会議所様 「観光地ブランドマーケティング事業」で作成したワークシートに一例






クライアント様の声

準備中です



各種サービスメニューに関する お問い合わせは TEL:078-570-5730